389584

上司にクラチャイダムサプリをプレゼントするのっておかしいかな

私が働いている会社の部署に、「番頭さん」とあだ名がついた中年男性がいます。いろんな雑用もしてくれるいい方なのですが、部長に重宝されるあまり、部長の「番頭さん」と揶揄されているわけです。確かに、番頭さんは、部長さんによく呼ばれて、こそこそ何かの話をしています。別のマネージャーは、「あれが本当の管理職会議。我々は、名ばかり管理職。」と自虐的に話をしています。

ところで、私の部署では、いろんなけったいな話があります。その一つが、土曜日当番です。土日はお休みのはずなのですが、なぜか当番で土曜日に出てきて、オフィスにいるのです。何かあったときに対応できるようにということらしいのですが、他の部門からも「まだそんなことやってる部署があるのか。」と驚かれるほど、付加価値の低い仕事です。これは、部長がなぜかこだわっていて、「そういうもんなんだ」と理屈にならない理屈を言っています。

先日、別の部門から、再度、「すぐやめるべきです。」と言われて、やっぱりおかしいと思い、部の下にあるグループで提案しました。全員賛成なのですが、どのように部長を説得するかが議論の焦点でした。また今度考えようというのが数回続いたので、私から、「こうなったら、執行役員に話をしてくる。」と言いました。
結局、執行役員に話をして、今度のミーティングで、廃止しようという方向で話を進めることになったのですが、番頭さんは、この間、ほとんど自分の旗幟を明らかにしませんでした。これだけ部長にコネクションがあるのに、部長を説得するとは言ってくれませんでした。
こういうところが、いまいちリーダーとして尊敬されない部分なんだろうと痛感しました。

そんな番頭さんも最近は元気がなくなっている気がするので、なんかプレゼントを送りたいと考えています。もう40代って年齢だし、あっちも元気が無いだろうから、アルギニンが豊富なクラチャイダムサプリメントなんかは良いかもしれませんね。

このブログで紹介されているマカ&クラチャイダムでも買ってあげようかしら(ウフフ)。

腕時計

機械式腕時計、とても楽しい趣味です。

「趣味は何ですか?」と聞かれると、「腕時計です」「機械式腕時計にはまっています」と答えてしまいます。

自分でも機械式腕時計が趣味なのか、ただの浪費になのか、はっきりと理由をつけて説明することはできません。
でも、やはり機械式腕時計が好きなのです。

特に新しい腕時計を買うとき程、悩ましいことはありません。腕時計を選ぶ時がこの趣味の一番の醍醐味なのです。
手当たり次第、腕時計の雑誌や腕時計に関連するブログ、サイトを楽しみます。
なので、実際には時計を買うまでにかなりの期間(自分の場合は1年~5年位)を妄想だけで楽しむことができます。

一本目の時計であれば単純に自分の一番気に入った時計を買えばいいと思います。
ただ、2本目、3本目と時計の数が増えるたびに時計選びは余計難しくなり、悩ましくなります。
(いいんです。この悩ましいところが楽しいんです。頭の中は妄想だらけになってしまいます。)

できれば今持っている時計とは、かぶらない時計を選びたい。
今持っている時計がダイバーズウオッチならば、今度はミネタリーウオッチなど違うファッションでも楽しめるものにしたい。

慎重にならざるを得ません。(結婚と同じかも)
なぜなら機械式腕時計は一般庶民が気軽に変える品物ではなくなって来ているからです。

でも、なぜか今持っている時計と似通った時計についつい目が行ってしまうのも確かです。

これば自分の好きな女の子のタイプが、いつも似通ってしまうのと同じなのではないかと思います。

腕時計は理屈ではなく、自分の感性で選ぶものなのです。
”色々な時計をしている自分を妄想して楽しむ”、これが趣味で楽しむ機械式腕時計の醍醐味です。
機械式腕時計、とても楽しい趣味です。

ƒvƒŠƒ“ƒg

結婚をしてもう13年がたちました@現在専業主婦です

もう結婚して13年がたちました。その時からずっと専業主婦の私。最初の頃は家事も時間の要領がつかめなくてかなり時間がかかっていた。今では時間の配分もわかるようになり問題ない。買い物も1ヶ月の献立を予算内で買い物をして料理をする事がとっても難しくて、料理のレパートリーも少なかったので元を使っての料理が多かった様に思う。

しかし年月とともに子供が産まれて、食材にも気を使う様になり、いつのまにか元などは使わずに自分で調味料を組み合わせて作れる様にもなった。予算配分も自分で言うのも何だけど上手になったと思う今日この頃。私の作る料理が子供の中では家の味になっている。お店で買った時や外食した時に子供から、ママの料理の方が美味しいねって言ってもらえると本当に嬉しいし、子供達の中で家の味は私が作るママの味何だと思った。

結婚してから一度も働きに出る事がなくて、正直外の世界から取り残されて行く感じがした時も一度や二度ではない。

その度に焦り一人悩んだ事もあった。家事と育児を両立する自身もなかったし、子供が本当に可愛くて今の成長を見逃したくないと思う気持ちも大きかった。

実際子供が寝返りをしたり歩いたり、ママと初めて言ってくれた時の事は今でもはっきり覚えているし、見逃さずにいれた事を本当に良かったと思っている。きっとない物ねだりなんだろうな。専業主婦は兼業主婦に、兼業主婦は専業主婦にあこがれがあると思う。今まで頑張って来て、子供達にママの味と言ってもらえた事が私の最高のごほうびだ。専業主婦である自分を恥じる事なくこれからも頑張って行こうと勝手に思っているのでした。

096722

残念な夫。第8話を観ての感想・陽一が朝帰りとかありえない!

陽一の朝帰りは、知里にとっては怒るというよりは心配していたでしょうね。そして心配していたと同時に普段する事のない朝帰りましてや陽一の何やら怪しい行動と言い訳。
旦那が普段やらない事をされた妻にとっては疑うのが当たり前かなと私は思います。

陽一サイドからすると自分がかおりとの一夜で黒なのか白なのかもわからない状況だけどまずは知里にバレたら大変だしこのまま言わないで嘘をつくのも辛いと思っているのもわかりますが、やっぱり子供の初節句に仕事以外はどんな理由にしろドタキャンは間違っていますよね。私は女ですし、結婚して子供も居るのでその辺としては知里のドタキャンされた気持ちもあの日何があったのか知った時の気持ちも観ていたら自分の事のように悲しくなりました。
結婚する時に嘘つかない、浮気しない、隠し事をしないと3つの約束を誓ったわけですし、今回知里にとってはこの約束全てを破られたわけです。もう離婚届にサインする気持ちはわかりますね。
上司の細井さんが家庭を守る為の嘘も大切と言っていましたが、浮気がバレたらマズイから隠すという意味ならこれは自分を守るだけの嘘だから間違ってる気がしますけど、陽一からしたら自分が本当に浮気したのかわからないわけだし隠した方がいいと思ったんでしょうね。

かおりさんは、本当に世の中によく居そうなタイプですよね。男の人がどうしてこういったタイプに弱いのか謎です。妻としてはこの手のタイプが旦那の近くに居たら心配しますね。
残念な夫は放送開始から欠かさずに観ていますが、本当に子供を持つ家庭の様子をよく描いている作品でいつも共感しているとともに旦那目線ではこんな風に考えているのかなと考えさせてくれるし、やっぱり玉木宏さんと倉科カナさんが演じる陽一と知里の夫婦のちょっとした会話が面白くていつも楽しんでいます。”

ƒvƒŠƒ“ƒg

久々に子供とゲームをした楽しい休日でした。

“我が家のパパはサービス業のため土日はお仕事です。
私もパパのお休みがある平日にお買い物をまとめてしてしまうため、土日はお出かけせずゆっくり過ごしています。しかし子供達は退屈なようで、ヒマだヒマだと騒いでいる休日がほとんどです。

でも今日は友達から連絡があり、
ダンナ様が急に仕事になってしまったようで急遽我が家で遊ぶこととなりました。

友達には子供が3人いるので、一緒に遊べることに我が家の子供達は大興奮でした。
ゲームをしたり、追いかけっこをしたり粘土をしたり。

子供達は本当に嬉しそうでした。

お昼ごはんは、我が家の冷蔵庫にある物でワカメうどんを作って食べました。
明日買い物に行く予定だったので、今日は冷蔵庫の中もサミシイ状態でしたが何とか冷凍うどんとカットワカメが
残っていたので助かりました。
子供達も全員うどんが大好きだったようなのでちょうど良く、たくさん食べてくれました。

子供達がガチャガチャ暴れる中、母達はお茶で世間話。お互い子供が多いので子供達のガチャガチャは日常の様子だし特に気にせずのんびり過ごし、

子だくさんならではの節約方法や、簡単な料理レシピなど情報交換をしながら楽しいお茶時間となりました。

いつもは平日子供達が学校へ行ってる間に会うことが多いですが、たまには子連れで賑やかすぎるお茶も楽しかったです。
子供達もキラキラした目で遊んでました。

いつも土日が退屈な我が家にとってはとっても充実した1日になりました。

たくさんお菓子を食べすぎて友達が帰った今、夕飯を作りたくない病にかかっています。
今日は簡単メニューで夕飯を乗り切りたいと思います。

082243

今年から花粉症デビューかも?

毎年この時期になると、花粉が飛び始めた!つらい!などという話をよく聞きます。わたしの周実家の母や妹を始め、友人などにも花粉症の人は多く、この季節は大変そうだなと思いつつどこか他人事かと思っていました。
ですが、昨年の春、なんだか鼻がかゆく、鼻水が出ることが多くあり、もしやわたしもとうとう花粉症かも?と怯えつつあまりに鼻がグズグズする時は市販の鼻炎薬を飲んでやり過ごしていました。これは花粉症じゃない!と花粉症と認めたくない気持ちから、鼻炎薬は花粉症対策を前面に出した薬ではなく、一般的な鼻炎薬を選び、自分は違う!自分は違う!と思っていました。

幸い、あまり長引くこともなく、いつの間にかグズグズも治まっていたのでやっぱり違ったかなーよかった!と安心していました。

ところが、今年の春、これはもうわたしは花粉症と認めざるを得ないのではないかと思うほどの鼻水が出ています。喉の奥はかゆいし、心なしか目もかゆい!花粉が多く飛んでるであろう日は一日中鼻をかんでいるので、鼻の皮がむけてしまうし、ごみ箱の中のティッシュの量を見て小学生の息子はびっくりしてるし、これは典型的な花粉症だよな。とそろそろ覚悟を決めた次第です。

ですが、まだ序の口なせいでしょうか、わたしも花粉症かぁ流行に乗ってしまったななどと思える余裕もまだあります。まだまだ甘いのでしょうね。

これからどんどん花粉が増えていくそうですし、どうなることやらと、初心者故の楽しみな気持ちと、ちょっと怖い気持ちと半々ですが、これから長い間、花粉症と付き合っていこうと覚悟を決めました。

343522

株主優待券でマックのパンケーキを食べました

今日は雨で出かける気にもならないし、生理痛でご飯を作るのもしんどいので、マックをテイクアウトしてきました。
親に株主優待券をもらったので、お会計は0円でした。
子供がもうすぐ一歳で、離乳食も順調に進み、アレルギーも問題がないので、パンケーキをあげました。
喜んで上手につかみ食べしていました。よほどおいしかったのか、満面の笑み。
かなり気に入った様子で、1つ全部食べてしまいました。すごい食欲。
それなのに、成長曲線ぎりぎりラインなのはなんでだろう?もっと太ってもいいんじゃないかってくらい食べてるのになぁ。
旦那も食べても食べても太らないタイプで、ダブルクオーターパウンダーとポテトLと私の食べ残しを食べても足らないと言っていました。
もうすぐ38歳になるのに、どこからそんな食欲がやってくるんだろう?
特に日曜なんて全く動かないのに、どこにそんなにエネルギーを使っているんだろうか。
本当に謎だし、本当にむかつきます。

私は食べたら食べた分だけ太るタイプなので、羨ましいと言うと、俺は太りたいのに太れない。太れるのが羨ましいと言ってきます。

それなのに、少しふっくらしたりしたときに、ちょっと体重増えたんじゃない?と言うと、そんなことにないよとちょっと怒ってきます。
なんなんだ。嫌味は言うし、少し増えたら気にするし、なんかむかつく。
私がどれだけ毎日努力していると思っているんだ!
生理2日目でかなりイライラしています。生理なんてなくなればいいのにと何度思ったことか。
それにしても、久しぶりにマック食べると、あのジャンク感がすごくおいしく感じます。
いつも自炊で身体に優しいものばかり食べているからよけいなんだろうな。”

兄弟げんか

育児における兄弟げんかの対応方法

“年の近い子供が二人以上いる家庭で必ず直面する問題のひとつに、
兄弟げんかの仲裁、対応といったものがあると思います。

実際我が家にも4才と2才の子供がいますが、
毎日よくもこんなにケンカすることがあるなとある意味感心するほどケンカをしています。

同じものを用意しても、なぜかひとつを取り合うし、
どちらのものかわかるように名前を書いたり、色違いにしても、
だいたいひとつを取り合ってケンカするのです。
不思議で仕方ないなと大人は思いますが、
ことわざでいうところの「隣の芝生はあおい」ということなのでしょう。

我が家の場合は、4才の上の子がつまらない意地悪をして
下の子を泣かせることが多いです。
下の子はまだきちんとした言葉を話せないので、
いじめる相手としても好都合なのでしょう。

あるいは上の子からすると、少し邪魔な存在でもあるのかもしれません。

子供達がケンカをするたびに私が仲裁に入りケンカの理由を聞いては
上の子を叱るという、悪い流れがうまれるようになってしまっていました。

こちらのストレスもたまるようになり、上の子も自分ばかり怒られる状況に
納得がいかない様子でした。今考えると当たり前の不満でした。

どう対処したらよいのか、夫と何度も相談し、出た結論は
干渉しないで様子をみようということでした。

それからというもの、ケンカが始まっても親は入らず
とにかく見守るというのを一貫しました。

すると5分もしないうちにケンカはおさまり、
また笑いながら遊び始めました。

その様子をみて、子供同士の関係に大人が入り過ぎてはいけないことを学びました。
危険なことは注意していますが、
ケンカそのものは思い切りやらせています。

子供との関わり方を改めて学んだ出来事でした。”